どっこい茶屋

どっこい茶屋

布プリ・革財布・アニメ・漫画・酒・カメラ・和装・着物

和風総本家「あなたの街の職人さん~長野編 1~」宮内産業 革なめし ランドセル編

和風総本家の犬 まめすけ

21代目の黒い豆助

長野の職人さん

「和風総本家」の6月7日放送分
「あなたの街の職人さん~長野編~」信州の職人工芸を紹介するシリーズ6回目をレポします

長野って信州蕎麦や上田紬やら来るかなと思ってましたが、さすが和風総本家、マニアックなセレクトです。

宮内産業 革なめし

f:id:docoisho4:20180621162304j:plain

 昭和12年創業のカワなめしの工場です。本日はランドセルの革なめしから縫製までが紹介されます。

f:id:docoisho4:20180621163457j:plain
f:id:docoisho4:20180621163359j:plain
f:id:docoisho4:20180621163523j:plain

ドラムで4日間攪拌された牛皮。大量の水が流れ出しています。皮のなめしにはきれいな水が豊富な土地=長野に適しているわけです。

f:id:docoisho4:20180621163754j:plain

表面のシボがちょっとみえるでしょうか?

皮のなめしは石炭や硫酸で皮の繊維をほぐし革製品として使えるようにする作業です。

なめしについて

なめしは大きく二つあります。

  • クロムなめし(硫酸)
  • 植物タンニンなめし(植物)=ヌメ革
皮と革の違い

レザー=「かわ」には漢字が二通りありますが

  • なめし前は=
  • なめした後は=

つまり加工前と後ということです

 今回はクロムなめしのランドセル製造となります

f:id:docoisho4:20180621170555j:plain
f:id:docoisho4:20180621170556j:plain

創業当時のモノクロ写真・なめした革は靴やベルトや自動車内装でも使われるますが、ランドセルは国内シェア過半数を占めます。

ナース鞄工 長野工場

f:id:docoisho4:20180621170938j:plain

なめした革を縫製するのは「ナース鞄工」。創業昭和38年の鞄製作会社・・ここで革が立体=ランドセルになります。

キッズアミ 牛革ボルサランドセル ブラウン×キャメルコンビ

キッズアミ 牛革ボルサランドセル ブラウン×キャメルコンビ

 
ランドセルのマチ

ランドセルの大マチ部分。ステッチは専用のアタッチメントがあるとはいえカーブを恐ろしい早さでこなしています。

手縫いのステッチ

厚い皮にハンドステッチ・ものすごく力の要る作業です。平面だった革が立体になるささまが映像で見れる貴重なシーンです。

オランダ語の鞄=ランセル

オランダ語の鞄=ランセル
ランドセル薀蓄

箱型で背負う通学鞄の「ランドセル」は日本独特のものです、オランダ語「ransel」(鞄)から来たそうです。

学習院のランドセル
伊東博文

明治時代のランドセルこれは総理大臣伊東博文が当時の皇太子に献上したランドセル。これが現代のランドセルの原型といわれています。

 腕時計編はコチラ

docoisho4.hatenablog.com