どっこい茶屋

どっこい茶屋

布プリ・革財布・アニメ・漫画・酒・カメラ話

【カメラ】OM-D E-M10MarkIIでフォーカスブラケットと深度合成

f:id:docoisho4:20170912205658j:plain

フォーカスブラケット撮影合成後の画像

フォーカスブラケット撮影でブツ撮り

OM-D初心者ですが、同じ写真を焦点位置を変えながら複数自動撮影する、フォーカスブラケットをやってみました。

カメラはオリンパス OM-D E-M10MarkIIでレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroを使用しました

普通のレンズ使用・手作業で同じような撮影をしました

 

【OM-D】E-M10MarkIIでする「フォーカスブラケット撮影」

フォーカスブラケット解説

f:id:docoisho4:20170912203518j:plain

f:id:docoisho4:20170912203520j:plain

複数の写真のピントあってるとこだけが合成されました

深度合成って何? オリンパス・デジタル一眼カメラ 使用レポート(フォーカスブラケット&深度合成 編) | 公益社団法人 日本写真家協会

フォーカスブラケットに必要な物

  • 対応カメラ※
  • 対応レンズ
  • ※機種次第で要画像加工ソフト

f:id:docoisho4:20170913022126j:plain

深度合成可機能有り

OM-D E-M1 MarkII 
OM-D E-M1 

深度合成機能無し

OM-D E-M5 MarkII
OM-D E-M10 MKII

フォーカスブラケット撮影対応レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

 ※2017年春ですそれ以降の追加は記述ありません

撮影メニュー

撮影メニュー2の中のブラケット撮影オンにしてドンドンすすめたらこの設定画面です↓

フォーカスブラケット  フォーカスブラケット撮影

フォーカスブラケット撮影

メニュー画面にて撮影する枚数とフォーカスステップ幅を調整しまます・・4~5くらいにしました。撮影枚数10枚にしました。フォーカスステップ幅の調整は何度も撮影して本体モニター上で部分拡大して確認繰り返す事でコツがつかめます。

撮影10枚という数字は主観です、ミニチュア雑貨なら本当は5枚くらいでいけるけど、初めてなんので多めに撮影した。

撮影枚数多くしたほうが安心っぽいですが、そうなると合成処理が重たくなってPC環境によって画像合成中にエラー出るおそれがあります※下記参考。

フォトショップで深度合成

フォーカスブラケット撮影された10枚の写真を1枚に合成します。今回はPhotoshop CS5を使用します。このブログ、フォトショ以外のソフトでの深度合成手段は全く情報ございません。カメラに同梱されてるソフトで出来るかどうかもわかりません。ソフト探しが面倒ならば、いっそ「ユー、E-M1 買っちゃいなよ!」です。おおまかな作業手順は以下・・・

  1. 複数の画像をレイヤー別に取り込む
  2. 自動で画像を整列する
  3. 一枚の画像に合成する
  4. 画像切って調整(画角が変わる為)

この処理は重いので私の場合は画像整列の段階で「ROMが足りません」で作業ストップがかかりました。画像を800PXに小さくして作業するなど対処しました。

f:id:docoisho4:20170912203519j:plain

深度合成が画角が変わります

複数の画像を一度で取り込む

Photoshop複数の画像をレイヤーに1度で取り込む時はファイル⇒スクリプト(ccは名前が違う)⇒ファイルをレイヤーとして取り込み⇒参照⇒取り込む画像ファイルを同時選択⇒OK

f:id:docoisho4:20170830093327j:plain


レイヤーの自動整列と自動合成

複数のレイヤーを選択しながら 編集自動整列⇒自動設定でOK

後は編集⇒自動合成⇒画像をスタック⇒OKで合成完了。

f:id:docoisho4:20170830093916j:plain

 

OM-D E-M1 MarkII の深度合成

 ショールームで試したところ、ボタンおすだけで数秒で出来ます。複数の画像データをいちいちPCに落とさないから楽です。カメラで合成するのが圧倒的に早いのは間違いないです。精度はケースバイケースとなるのでどっちが良いとかはいいきれません。

広告を非表示にする