どっこい茶屋

どっこい茶屋

布プリ・革財布・アニメ・漫画・酒・カメラ・和装・着物

【カップ麺】ボトルの湯で食べるレポート 2018年 ※編集中

ボトルの湯で食べるカップ

イオンのトップバリューボトルに100度熱湯を入れて外に4時間放置後にお湯の温度を計測してカップ麺を食べる・・そんなシンプルなレポートです

お湯の量が多ければその分お湯の持ちがいいなどがわかりました

480mlと300ml同時に計測して10℃差がありましたので、より高温保温を目指すならば600mlボトル以上を購入したほうが良さげです。

計測環境は以下の通り。。雪国の方は参考にならんほどの気温です、申し訳ありません。

  • 480mlサイズと300mlサイズ使用
  • 外気16度~13度昼から夕方
  • 料理用温度計で湯温計測

詳細と画像追加は後ほど

カップ麺はこちらを使用しました。ボトル湯で食べるときは丼型よりも縦長カップが冷めにくいのでお勧めです。